ヨガ数秘学

ヨガ数秘学で私が持っていない性質のNo.11

ヨガ数秘学のイメージってどんな感じでしょう?

・・・

もともと私は占いの類にあまり興味がないのです。
女子的なノリで話を合わせることはできますが、人生において一度もプロと呼ばれる人に占いをしてもらったことはありません。

自分の人生の未来について予想されたり、予想されることで無意識に思考や行動に制限がかかってしまったりあると思うんです。
何より不確かなものに頼るような人生が歩めないのでしょう。でも、実はその方が楽なのかもしれませんね。
それでも自分の日々に起こる様々な取捨選択は自分でしたいんです。頑固ですね~私。笑

ただ統計学はおもしろいと思っています。
理路整然と誰にでもわかるシステムがモヤモヤさせないのでしょうね。
(私はNo.4をたくさん持っていますので、理論から入ると動き出せるタイプのようです)
統計学から発信される事柄に自分で気づきを得て、自分がどう解釈し受け取り行動を決める。
なんて効率的なんでしょう(笑)

要するに、ヨガ数秘学は占いではないのです。
リーディングする側が、あなたの何を予想したり、決めたり、指示をしたりはしないのです。
数字の統計学からのメッセージを問うだけで、あなた自身が深く気づいて行動へと結びつけていくのです。
なのでヨガ数秘学において、依存心ではリーディングが成り立たちません。カウンセリングでもありません。

でもね、私の知らない世界には見えないものが見える方がいらっしゃると思うんです。
理論とか統計とか理屈抜きに何か見える方が…。
そんな方はきっとNo.11の性質を持っていらっしゃる。
その性質を持っていない私は、リーディング時に教えてもらうしかありません。
真の占い師に出逢うことができたなら、興味本位で一度は占ってみたいとは思っています。

一方で、No.4の性質が多い私は、見えるものを冷静に見る力が長けていると自負しています。
どちらが素晴らしいとかでなく、その性質に気づいて生かしていける人生と気づけないでなんとなく違和感や息苦しさを感じながら過ごしていく人生は心地よさや生きやすさが全然違うのだろうと実感しています。

私はタイラーに出逢い、彼の作ったヨガ数秘学のシステムに出逢って人生を楽しむアイテムが一つ増えました。
数秘学は統計学なので流派が違っても根っこは一緒なのかなと思います。
ただ、彼の作ったシステムはとにかく小難しくない!笑
とにかくシンプルであるから、誰でも深めることができると思います。