ヨガ

ISHTA(イシュタ)ヨガとは

私の学びの場である「beyoga広尾スタジオ」が8/4でクローズとなりました。

2019年は昔からあるヨガスタジオがクローズしており、時代の流れを感じております。
スタジオという箱から飛び立つことによって、これからはさらに飛躍していくのだと私は感じています。

(画像お借りします。)

今回は、beyogaで教えているISHTA(イシュタ)ヨガについてお話していきます。

イシュタヨガは、アラン・フィンガー氏が作ったスタイルのヨガです。
イシュタヨガのスタイルとは、一人ひとりの個性に合ったポーズ、瞑想法、呼吸法でヨガをすることに重点をおいたヨガのシステムのことです。

もう少し細かくお伝えすると、イシュタという言葉には二つの意味があります。

 

①「イシュタ」は、サンスクリット語で「個々の」という意味があります。
それぞれの個人にあったヨガを発展することを示しています。

 

②「ISHTA」とは、Integrated Sciences of Hatha,Tantra and Ayurvedaの頭文字です。
Hatha=ハタヨガ。バランスを作り出すヨガの身体的な修練。
Tantra=すべての生きとし生けるものを敬うヨガ的哲学)
Ayurveda=インドの生命科学
上記3つを科学的に統合されたヨガという意味です。

 

余談ですが、アラン・フィンガー氏の父であるマニ・フィンガー氏は、クリヤヨガのパラマハンサ・ヨガナンダ氏からヨガを学んだそうです。
その際、「最高のヨーガとは、一人一人のニーズに合わせたヨーガであるという信念を私たちに与えられたことが、イシュタヨガの開発へとつながった」とのこと。

 

私自身もイシュタヨガに出逢う前、いろんなヨガを渡り歩きましたが、自分に合ってるなと感じたのはそれだったのかもしれません。
個々それぞれであるということ。
個々それぞれでいいのだということ。

なかなかレッスンに足を運ぶことができず残念な気持ちや申し訳ない気持ち、後ろめたい気持ちなどありましたが、最後はスタジオに出向けたこと、久美子さんや純子さん、智子さん、さきさんにお会いすることができて良かったです。

同期のみよちゃんにも再開できてよかった。


千春さん、かずえさんにはまた別の機会にお会いできればうれしいです。

最後にbeyogaベテランインストラクターの皆様のレッスンを受けることができるスタジオが恵比寿にあります。
マウレア恵比寿
こちらにも足を運びたいと思います。