アロマテラピー

怠さや浮腫みが気になるときのオススメ精油

中医学アロマセラピーヨガでは、季節や女性の不調に対応したテーマで、精油をチョイスしセルフトリートメントも行っています。

梅雨や台風の時期は湿邪によって、怠さや浮腫みが現れやすいですよね。
そんな時にぜひ精油を活用することをオススメします♫

~おすすめの精油~

【ジュニパー】
浮腫み予防におすすめNo.1!
うっ滞除去作用や体液循環作用があるので、余分な水分や老廃物を排出してくれます。
腎臓の働きを高めて、利尿を促し膀胱炎の緩和にも有効です。

【パチュリ】
うっ滞除去作用、血行促進作用などがあるので、冷え性や浮腫みを改善するのに有効です。
墨汁のような香りがします。好きな方はとても好きですし、苦手な方は華やかな香りの精油とブレンドするとGOOD!

【グレープフルーツ】
血液、リンパの流れを促進します。
利尿作用もあり、浮腫みやセルライトにオススメです。

【ゼラニウム】
利尿作用があるので、余分な水分や老廃物を体の中から排出させます。
ホルモンバランスの乱れによる浮腫み改善も期待できます。


~ブレンド例~

★ホホバオイルなど・・・20ml
★お好みの精油・・・4~8滴

ジュニパー 3滴
パチュリ 2滴
ゼラニウム 3滴

お風呂上りや足湯の後にオイルマッサージをしてあげるとさらに効果期待できますね♪

お試しあれ♡