ヨガ

自分にヨガを合わせる

今はたくさんのヨガの種類が存在します。

ヨガを始めたい!と決意しても
種類の多さに不安を感じることも
あるかもしれません。

初めて参加したヨガが
合う時もあれば、
合わない時もあります。

そして、ヨガを継続しているうちに
合うヨガが変化することもあります。

また、その日によって
欲するヨガの種類もあるかと思います。

ヨガに自分を合わせなくてもいい。
自分にヨガを合わせればいい。

それだけの種類と環境、
インストラクターの数が存在します。


10年前の私は、
とにかくパワフルに動くパワーヨガが大好きでした。

年齢を重ね、心身のステージも変化し
生活の中に取り入れているヨガの種類は、
イシュタヨガ、陰ヨガ、リストラティブヨガです。
今はこれらが私に合っているヨガです。

イシュタヨガの素晴らしい考え方は、
「個々を尊重する」ということ。

具体的には、個々に合ったヨガを深めていくことなので、
体質や筋力、柔軟性などに合わせて
補助道具であるプロップス類を用いて、
必要な修正も行いながら、
それぞれポーズを深めていくことです。

イシュタヨガと出逢った時、

安心したことを覚えています。

「みんなと同じポーズが取れなくても、
自分自身が深まればいいんだ。」

私はそれからその日その日の体調に合わせた
ポーズ修正を行いヨガが気持ちよく感じています。

もちろん練習を重ねていくことで、
ある時「あのポーズ」ができるかもしれません。
でも、ずっとできないかもしれません。

それはわかりません。
大切なことは、
ポーズと向き合うプロセスであり、
その瞬間の心です。

できても、
できなくても結果は手放します。

今のあなたに合ったポーズに
チャレンジするプロセスを堪能してみて下さい。