アロマテラピー

心身スッキリ☆ユーカリグロブルス☆

ユーカリにはいくつか種類があります。

・ユーカリラディアタ
・ユーカリシトリオドラ(ユーカリレモン)
・ユーカリグロブルス

 

今回は、ユーカリグロブルスをご案内します。
※名前は似ていても成分が違うので、成分表を確認することをオススメします。

 

ユーカリグロブルスは、秋~春先にかけて大活躍してくれる精油の一つです♡

 

この精油の主成分は1.8シネオール。(成分の80%程を占めています。)
1.8シネオールには、抗炎症作用があるので喉鼻の不調を改善に役立ちます。

 

また、鎮咳作用、去痰作用、、抗カタル作用もあるので、風邪やインフルエンザ、花粉症シーズンにはつらい症状を緩和する効果もあります。
風邪の引き始めなどに使用すれば、回復を早めるお手伝いをしてくれるでしょう。

 

何よりスッキリする鋭い香りは、心を浄化して意識をしっかり取り戻してくれる覚醒作用があり、集中力や記憶力も高まります。

 

そんなユーカリグロブルス♡
吸入という方法のアロマテラピーはいかがでしょうか?

 

ツルツルと鼻水が出るな~。
鼻づまりで息苦しいな~。など。

 

そんな時、マグカップにお湯(熱湯NG)を入れて、精油を1~2滴垂らします。
鼻をかんだ後、マグカップに顔を近づけ3分程度深呼吸します。
鼻水が出始めたら、また鼻をかみます。
そして、また吸入のアロマテラピーをします。

 

鼻が通りだして、呼吸が楽になったらOK!

 

間もなく、乾燥の季節がやってきます。
乾燥の季節は、肺にトラブルが生じやすくなります。
呼吸器系をケアしてあげることは、とても大切です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆学名/Eucalyptus globulus
◆科名/フトモモ科
◆抽出部位/葉・枝
◆抽出方法/水蒸気蒸留法
◆主な産地/ブラジル、オーストラリア、ポルトガル
◆ノート/トップ
◆香りの強さ/強い、やや刺激強い
◆注意/刺激が強いので、原液を肌に直接つけるのは避けましょう。
妊婦さんや乳幼児には使用しないようにします。

starr_051123-5467_eucalyptus_globulus1(写真/ウィキペディアより引用)