その他

無駄があるくらいがちょうどいい♡

整理の基本は、不必要なモノは「捨てる」。
今にフォーカスして、今必要のないモノは捨てる。

そこに訪れたワード!
≪断捨離≫≪ミニマニスト生活≫などの究極の整理術。
モノはなくても生きれる。逆に豊かである。などの意味合いが含まれています。

 

雑誌やテレビの特集で組まれて見てると本当に凄い!まるでホテル!非日常!

 

同時に、私は思うのです。
なんだかとても殺風景。温かくない。虚しい。

 

こればっかりは価値観の問題なので、良い悪いの話ではありません。

 

アドバイザーの私が大切にしたいのは「心」です。

生活空間は生きて来た積み重ね。
家やモノは私たちをずっと見守り続けています。

 

もうお役目をしっかり果たしたモノもいれば、
一度も晴れ舞台に立つことができなかったモノもいる。

 

だから整理をして、それぞれの命を全うしてもらいたいと思っています。

 

そして、時には無駄が少しあるくらいが課題があって、人間らしい温かさがあるかもしれません。

 

235f126ea2ac9e41aa25c69686f60e05_m

アドバイザーの私が整理収納で一つの基準にしていること。

それは、適正量。

私が基準にしている適正量とは?

①適正量は自分で決める
②モノの管理ができているかどうか(モノの位置や量などの)

 

どうやって適正量を決めるの?という質問もありますよね。

 

はい!大丈夫です!お任せください!
そこはとことんヒアリングして、クライアントさんの望む方向へ導きます。

 

見せられない!捨てられちゃう!と心配していた方もいますが、大丈夫です。
私が直接整理することはございません。
整理という行為は、自分で向き合うべき行為なのでクライアントさんに行ってもらいます。
私は、クライアントさんのモチベーションを保ち、行動とゴールまでお付き合いします!

 

もう一度お伝えします。
アドバイザーの私が大切にしたいのは「心」です。
モノを整理することで、クライアントさん自身の「心」が整っていくのです。
本当の意味で「スッキリ」します。
しかも、温かくスッキリします!!

 

整理収納はココロのヨガです。

 

小澤一帆