アロマテラピー

アロマテラピーの種類と歴史

私がまだアロマは”香り”のことだと思っていた頃は、香りが良ければそれでOKぐらいの認識でした。
つまり、合成でも天然でもあの可愛らしいボトルに入っているものならOK。
なので、安くて可愛い方をチョイスして購入していましたね。

でも、途中であれ?どうやら同じ香りでも何かが違う。
それに気持ちいいと思う時と吐き気が起こる香りもある。

ココロにもカラダにも良いと聞くアロマのこと。
もっとちゃんと知りたいと思ったのかが勉強をするきっかけになりました

 

≪アロマテラピーとアロマセラピーって何が違うの?≫

どちらも同じで意味で、芳香療法(アロマ=精油、セラピー=療法)です。
ただ、英語とフランス語の読み方の違いがそのまま続いているだけです。
Aromatherapyは、英語で読むとアロマセラピー。フランス語で読むとアロマテラピー。

 

≪アロマテラピーには種類があるの?≫

大きく分けると二つあります。

「フランス式アロマテラピー」
フランス式メディカルアロマテラピーは香りだけで無く、精油の成分を利用して病気の予防や体調不良を改善する自然療法です。
また、精油の成分を分析し治療目的で研究されているので、医療面の臨床データが豊富です。

「イギリス式アロマテラピー」
イギリス式は、主に香りとマッサージによるリラクゼーションとして利用します。
日本での普及率が高く、一般的に言われているアロマテラピーは、このイギリス式です。

 

≪その二つの歴史は?≫

「フランス式」は、1928年にフランスの化学者が実験中の事故で火傷を負ってしまい、
とっさに目の前にあったラベンダーの精油をかけたところ、火傷が回復したそうです。
その体験から、アロマ(芳香)とテラピー(療法)を足した「アロマテラピー」という言葉が生まれました。
その後、フランス軍医であったジャン・バルネが負傷者達に精油を使った治療をして大きな成果を出したのが、
メディカルアロマテラピーの起源です。

「イギリス式」は、フランスのメディカルアロマテラピーの知識を持ったマルグリット・モーリー女史や
医師のジャン・バルネ博士によってイギリスに伝えられました。
そのマグリット・モーリー女史が1961年に精油を植物油に希釈してマッサージする方法を提唱しました。
これがイギリスに伝わり、マッサージやリラクゼーションとしてのアロマテラピーが定着したのが始まりです。

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_m

アロマテラピーの起源はフランスです。

どちらも共通していることは、天然の精油を使用しているということ。
天然ということは、それだけ希少価値があるということです。
そして、その精油は私たちに沢山の恩恵をもたらしてくれます。

フランス式でもイギリス式でもご自身に目的に応じて、使い分けて行くとよりアロマテラピーが楽しめますね♪

私はどちらかに偏ることなく生活の中でアロマが楽しめるよう、
そして、少しの知識を皆さんとシェアしていきたいと思います。