メンタルヘルス導入の効果

健康診断に加え2015年12月に義務化されたストレスチェックやメンタルヘルス対策を実施している企業も増えてきました。しかしながら、効果測定が難しいの実情です。なぜなら、ストレスは数字には表せないからです。

ストレスに気付かない人はたくさんいます。自分では「なんともない」と思っていても、ふとしたことをきっかけにメンタル不調に陥ってしまいます。

実は、「気づくこと」がメンタルヘルス対策では重要になります。
自分で気づき、ストレスコントール法を知ることで、メンタル不調が発生するリスクを抑えることができます。

仕事や人間関係の悩みなどが蓄積しストレス過多の状態ですと、集中力が低下によって質の高い仕事はできません。ストレスコントロールをうまく取り入れ、本来行うべき仕事をきちんと遂行できる精神状態を保つことで、生産性の低下を防ぐことができます。

releaseのプログラムでは、その「気づき」と「ストレスコントロール」をマインドフルネス瞑想やコーチング流コミュニケーションにて習得していきます。

ぜひ御社の社内研修プログラムにご検討ください。

メンタルヘルス研修はストレスに対する気付きを与えてくれる場で、研修を受講することによってさまざまなメリットがあります。